一人暮らしの大学生が食費を簡単に浮かす治験ボランティアという方法

フリーランスのコバヤシリキです!

一人暮らしの大学生活ってなにかとお金がかかりますよね。

・教科書
・サークル
・ゼミの研修
・飲み会
・食費
・家賃光熱費

これらを払いながら授業とバイトをこなさなければいけません。

時間とお金に追われながら、気がつくと就活の時期になり、「本当に過ごしたかった学園生活はこれなのか!?」と大学生活終盤になって悩む人が多数います。

そんな人に一言、「アルバイトを変えろ!」です。

アルバイトを変えることで食費が浮き、収入も変化し、人間関係も変化し日々の生活の質が変わります。

正直、大学生の経済事情はバイトによって大きく左右します。バイト=収入源なので効率よく稼げるバイトにシフトすることで、かなり大学生活の可能性を広げ、質を向上させてくれます。

そこで今回は、大学生活の質をマックスまで向上させてくれる治験ボランティアについて説明していきます。

アルバイトを変えろ!治験ボランティアという方法


バイトで効率的に食費を浮かす方法として、おなじみの方法が職場を飲食店に変えることです。

これをすることで「まかない」によって食費を大幅に浮かすことができます。大手チェーン飲食店の場合、何割引という少しケチったサービスになりますが、個人経営の居酒屋だと、食費を全額負担してもらえることがよくあります。

その点、もし今からバイトを変えようか悩んでいる人は治験ボランティアに参加することをおすすめします。

治験ボランティアとは

治験とは、国家から未承認の新薬の安全性と効果性を確かめるために行う、臨床試験のことを言います。

主に治験病院という施設に1泊2日〜3週間ほど泊まり込み、新薬の服用、採血、問診を行います。

臨床試験と聞くと、「リスクが高そう。。」と感じる方が多いかもしれませんが、治験ボランティアはかなり安全性の高い仕事です。

現在、コンビニやドラッグストアで並ぶ薬は、すべてこの治験ボランティアをクリアしたことによって販売されています。そしてその過程に至るまで、平均して9年〜14年かかると言われており、その間に度重なる実験と研究を行い、その最終テストとして医療機関と製薬会社監修の下、治験ボランティアを行うので、まず事故やトラブルのリスクはありません。

治験ボランティアについてもっと詳しく知りたいという方は、【高収入】治験バイトのおすすめ募集サイト・給料・リスク・体験談・応募条件をまとめてみたをご覧ください。

治験ボランティアが食費が浮く理由


ここでは治験ボランティアに参加すると、なぜ食費が浮くのかについて説明していきます。

正直、治験ボランティアは食費を浮かすどころか、通常のアルバイトと比にならないくらい稼ぐことができるので、興味があるという方はぜひとも参考にしてみてください。

泊まり込み&三食飯付き

まず食費を浮かすという意味でいうと、治験ボランティアは最強です。

前述した通り、治験ボランティアは1泊2日〜3週間の泊まり込みが基本です。

その間に提供される食事はすべて無料です。


食事の内容も、付き添い栄養士が管理した健康的なものになります。

実際に治験ボランティアに参加した結果、健康体になった人もたすういるようです。

10日で20万円超えの高額報酬


治験ボランティアの最大の魅力は、高額報酬が出るという点です。

治験ボランティアの相場は1泊2日あたり、17,000円〜25,000円です。

つまり10日以上の案件であれば、余裕で20万円を超える報酬となります。

また仕事内容は、新薬の服用、採血、問診以外の時間は基本的にすべて自由時間となるため、施設内の漫画、DVD、書籍、ゲームなどで暇をつぶしながら過ごすことになります。

仕事内容が楽で三食飯付きで高額報酬が稼げる仕事は、治験ボランティアくらいでしょう。

現金が手渡しでもらえる

治験ボランティアは治験入院最終日に現金手渡しで報酬を受け取ることが可能です。

通常のアルバイトでは、月末や翌月に振込なりますが、治験ボランティアは即日現金化が可能です。

金欠などは治験ボランティアに参加して、一気に稼いでしまいましょう。

治験ボランティアに関する税金が気になるという方は、治験バイトに確定申告は必要!?サラリーマン、大学生、フリーターの税金の悩みをご覧ください。

社会貢献できる仕事

治験ボランティアは新薬の開発と日本の医療業界の発展に貢献できる素晴らしい仕事です。

高額報酬を目当てに参加した人の中でも、健康意識やボランティア意識、医療知識などが向上した人も大勢います。

「社会に貢献できる素晴らしい仕事」と高いモチベーションで参加するようにしましょう。

治験ボランティアは安全!


再三言いますが、治験ボランティアは安全性の高い仕事です。

2017年のデータですが、年間10,000人近い参加者によって、新薬の開発が行われています。

安全に楽をしながら、高額報酬を稼げて、社会に貢献できる治験ボランティアにぜひとも参加するようにしましょう!

治験ボランティアの始め方


治験ボランティアの参加方法は非常に簡単です。まずは募集サイトから登録を行います。

(1)募集サイトから応募する
募集サイトに登録し、やりたい案件に応募します。

(2)説明会に参加する
応募が完了すると説明会の通知が来るため参加します。

(3)健康状態の検診を受ける
これは説明会の直後に行われるため、個人的に受けに行く必要はありません。健康診断の結果によって合否が分かれます。

(4)治験開始
健康診断によって合格をもらえれば治験開始となります。

この流れを踏めば誰でも簡単に治験ボランティアに参加することができます。

一人暮らしでやりたいことができない大学生活よりも、治験ボランティアをサクッとこなして、社会に貢献しながらお金を稼いでいきましょう!

治験に関する記事まとめ

【お金がない!】彼女に誕生日プレゼントを買う資金を一気に稼ぐ治験バイトのすすめ
【学生ができる旅の資金の貯め方】僕が実際にやってみた海外旅行前のお金の稼ぎ方4選
【リゾバ】北海道のスキー場・ホテル・温泉宿で泊まり込みで働く方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA