【キングダム考察】信が今までに打ち取った将軍をまとめてみた

キングダム研究所のコバヤシリキです!

最近「キングダム研究所」というYouTubeチャンネルをつくったので、チャンネル登録よろしくお願いします。

今回の記事では、怒涛の出世街道をひた走る信が今まで倒した敵将をまとめてみたいと思います。

信が今までに打ち取った将軍をまとめてみた

戦災孤児として生まれた信がここまでの快速出世した理由は、1戦争につき1敵将殺しを徹底しているからでしょう。

実際に信は初陣の蛇甘平原から最新の鄴攻めまで、敵将を倒さなかった戦は皆無です。

それほどまでに信は敵将を倒すことにアグレッシブで貪欲です。これまで信は7人の敵将を倒していますが、戦災孤児→五千人将までなるためには、ざっくり敵将を7人葬ればなれるという計算がたちます。

キングダムのキャラで信よりはるかにオッサンなのに、歩兵として甘んじている連中は一体何をやっているんだか。ここでは信のこれまでの功績を称えつつ、まとめていきたいと思います。

麻鬼


出典:キングダム7巻より
信の初陣、蛇甘平原で倒したキャラです。

朱鬼麻鬼コンビという兄弟設定でしたが、どちらもすぐに死にました。この戦闘力の低さで魏火龍七師として、数々の死線を超えてきた呉慶をサポートできていたのか疑ってしまいます。

キングダムあるあるである、「似ている名前のやつが出て来た場合、どちらも大したことない」のパイオニア的存在です。

朱鬼に関しては、麃公に1秒以内に瞬殺され、足止めの役割も果たせていません。麻鬼は初陣の信に斬り合いの末、破れています。いくらなんでも初陣の少年に負けるのは話になりません。

結果、この戦で信は百人将へと昇進しています。

馮忌(ふうき)


出典:キングダム12巻より
王騎から「飛信隊」という名前をもらい、将としての信の初陣です。

戦って「こいつを倒せば戦局が傾く!」というレベルの将軍が各軍5.6人ずつ登場します。その中でもっとも早めに倒しておくべき、軍師並みの戦術眼を持つ馮忌をはやめに打ち取ることができ、一瞬ですが中華全土に「飛信隊 信」の名前がとどろきました。

ただ2万人の軍の中に突っ込んで来た農民部隊「飛信隊」に首を取られて、何が軍師並みの戦術眼だと声を出して否定したいところです。

しかしジャンプ力半端ないw

輪虎


出典:キングダム22巻より

廉頗四天王の1人、輪虎戦です。

この戦いは涙なしで語ることができないほど熾烈な戦いでした。

・羌瘣の踏ん張り
・千人将から伍長に落ちるか?という緊張感
・圧倒的に格上の相手
・郭備隊の思い
・大雨

などなど激戦のアシストが半端じゃなかったです。

結果、劇的な勝利を収めます。この勝利は今後の信の自信にも繋がり、長きに渡って回想することになります。

戦の序盤は、王賁と信の2人がかりで手も足も出なかった相手が、終盤には信が1人で倒すことができるようになったという点が少年漫画の醍醐味です。

万極


出典:キングダム27巻より
長平の呪いを提げて合従軍で参戦しました。

キングダムには珍しく、万極はいくらか伏線のある敵将でした。

僕の最初の感想としては、中ボスくらいなので羌瘣とかに任せれば良くね?って感じでしたが、万極が意外といろんな想いを抱えており、その葛藤が面白かったです。

武力的には圧倒的に信の方が上ですが、持ち前の負のオーラと手の長さで万極にしては善戦した方じゃないですかね。

しかしあんな穴ぼこに落とされて、自力で地上に戻ってくる万極半端ないw
持ち前の手の長さで掘ったんでしょうねw

霊凰


出典:キングダム37巻より
出ました。
魏火龍七師という大層な肩書きを提げて登場した、年齢不詳の大軍師。

完全に呉鳳明を引き立てるために生まれて来た男です。

こんなことなら魏火龍六師でよかったでしょw
ずっと軟禁されてたらよかったのにw

慶舎


出典:キングダム44巻より

今まで信が倒した敵将の中で一番のビッグネームでしょう。

合従軍の全指揮をとっていた李牧に代わり、趙軍の指揮をとっていたのはこの慶舎でした。

僕もまさかこんなにはやく慶舎が行くとは。。と驚いたもんです。

個人的に慶舎はキングダム屈指のオシャレさんだったので好きでした。中二病臭さも絶妙だったし。

岳嬰


出典:キングダム54巻より

さすがにこれは笑いましたw
圧倒的武力差があるにも関わらず、ひと呼吸置いて「どすん!」はその辺の歩兵と変わらぬ雑魚さw

岳嬰は慶舎を慕っており、敵討ちに燃えていたはずなのにこの有様。めちゃくちゃ大口叩いていたのにっていうジワる要素もあります。

田有と一騎打ちすればよかったのにw

趙我龍


出典:https://mudasure.com/blog-entry-3889.html

正直、趙我龍に関しては武力があるのか?ないのか?議論がされる前に討たれてしまったいう印象。

堯雲>馬南慈>紀彗>=趙我龍

という印象です。
趙我龍はどちらかというと頭賢い系将軍なイメージです。

これで将軍に上がるとなると少し物足りないというか、あまり思い入れのない敵将だなという印象です。

まとめ

ここまでキングダムの主人公信が、一体どのような敵将を倒してきたのかをまとめてみました。

僕の中で一番激戦だと感じたのは、やはり輪虎戦です。

それ以外はすんなり勝利したり、気が付いたら勝利していたパターンなので少し物足りない感じです。

これから原先生が輪虎戦以上の激戦を描いてくれることを期待しましょう!

キングダムに関する記事まとめ

アニメ版キングダムをネットで無料視聴する方法まとめ
【徹底解明】キングダムの飛信隊でのちのち将軍クラスになりそうなキャラ